Sky Blue Overdrive 自作&レイアウト図 h/w

1590AサイズのSBODクローンの自作が終わりましたので、考案したレイアウトを参考にアップします。(図中 ZをA500k と誤記しました。すいません。正しくはA1Mです)
画像
金属皮膜抵抗は基本はXICON製、E24系列外のものにはTRW等のものを使用しました。
音に係わるフィルムコンデンサは、他の方の自作の例を見て、WIMA等を主体に使うと音が硬いという事が事前に分かっていましたので、音の太さを重視しECQ、AVXを主に使用しました。但し1μFの所だけWIMAを使用しました。*1
ちなみに、電解コンデンサーも、いつも使うFine Gold(エフェクタには音抜けが良すぎる場合がある)よりもワンランク下で、AVX的な音質のMUSE BPを使用しました。

結果、ショップで弾いたことのある実機と、かなり似ているサウンドに仕上がったと思います^ ^

*1:生産完了品のECQ,AVXが手に入らない場合は、ルビコンのF2Dを使うのが良いと思います。
また1μFのフィルムコンデンサは、電界コンデンサ(Fine GoldないしMUSE BP)でも代替できると思います。


【補足】…考察・雑記
1.このエフェクターの使い方、スイートスポットはかなり限定的でマニアックです。
 DIST=9時~12時に設定し、ギターはストラト、アンプはクリアーな音のする
 小型真空管アンプで鳴らすと、BD-2のサウンドを上品にした様な、箱鳴り感もある様な… 素晴らしいストラトらしい独特の歪み音が得られます。
(アンプはクリーンセッティング)

 私が今まで弾いた事のあるどの歪みペダルとも違う、上質でユニークな歪み音が得られます。
 残りのPODは参考ですが、VOL=9時~12時、TEXT=12時、Z=1時~フル時程度に設定すればよいかと思いますが、好みや使用方法で変えると良い思います。
普通のパッシブPUのギターをお使いであれば、ZはPOTではなく1Mの抵抗でOKです。(実際の所、Zのつまみはフルにしっぱなしで全く問題なく演奏できますので)もしくは、R4を削除し、R2を620k(510k~1Mの間のどの値でも大差無し)に交換するのが一番簡単かと思います。

2.実機のC3=220nに対してC3=100nとする、海外の誰かが考えたプレゼンスMODですが、音がややキツいです。小型真空管アンプで音出しする分にはこっちの方が良く感じましたが… やはり、オリジナルの220nのサウンドの方が、ストラトのセンターピックアップと相性が良いです。(アンプがジャズコの場合)

3.TEXTのPODは、実機では2連の1kBが使われています。海外の誰かが考えたMODのおかげで1個の1kBのPODで済む様になっている様です。
 
4.海外では更にTONE PODを追加するMODも散見されます。でも、このペダルの音の完成度は非常に高いので、私的にはTONE追加MODはお勧めしかねます。

5.ソフトクリップ(LED)とハードクリップ(2N3819)の絶妙な組み合わせにより、SBODらしいサウンドが得られている様ですので、ランドグラフの様にクリッピングをダイオードや無しに切り替えるMODは私的にはお勧めしかねます。

ではでは
PS 自作は自己責任にて御願い致します<(_ _)>
画像
画像