kjc_guitar

アクセスカウンタ

zoom RSS Alexander Pribora氏の手巻き VooDoo Pickup のレビュー  h/w

<<   作成日時 : 2017/07/08 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

〜 ロシア製、アレクサンダー・プリボラ氏の完全手巻き VooDoo ピックアップ のレビュー 〜 

海外Webで大変評判の良いロシアのピックアップ・ビルダー Alexander Pribora氏の「手巻きVooDoo Pickup」(センターのみ)を購入し、自分のFender Mexico ストラトに取付けてみた所、あまりにサウンドが素晴らしかったので報告したいと思います。
(一流ブランドのピックアップに対して遜色のないサウンド品位であると思います)

画像


同氏のWeb情報によるとこのVooDooは「ミッド・レンジが若干ブライト※」なのが特徴との事です。
ちなみにVooDoo以外にも Standard, Blues, Hot Custom 等と命名されたピックアップがラインアップされていて、VooDooはジミヘン・サウンドをイメージしたピックアップらしく、また、最も売れ筋の模様です。
センターピックアップの直流抵抗の規格は 6.2K±5% ですが、手元に届いたピックアップを計測した所 6.36K で規格内に収まっていました。

※、「ミッド・レンジがブライト」という表現は、厳密に考えると意味不明?ですがw どうやら、アメスタに標準搭載されるFAT'50sピックアップ(スティービー・レイ・ボーンのサウンドを志向)を意識して造られたピックアップの様です。なお、コアな海外のストラト弾きが比べ FAT'50s より圧倒的に良好なサウンドだとのレビューが多数アップされてます。(両者の直流抵抗値も似通っています)

■サウンドの印象等を下に箇条書きで報告します。
・LowからVery Highまで音量バランスが良好。
・”ハイの伸び”と”音抜け”が抜群で、今まで使ってきたあらゆる機械巻きのピックアップ(ダンエレのリップスティックは除く)とは次元が異なると感じた。
(手元に複数ある5kΩ台の直流抵抗を持つ普通の機械巻きのアルニコ5のピックアップよりも”ハイ伸び”と”音抜け”は良好)
・分離が非常に良好。
(とある海外購入者のレビューに「音と音の間のスペースを感じる事ができる」とあったが、その表現は的を射ていると思う)
・感度が良く、ピッキング・ニュアンスを忠実かつ素直にひろってくれる。
(但し、G&LのASATに搭載されるP90タイプの様に感度が良すぎて環境ノイズ迄ひろってしまい扱いづらいという事は全くない)
・ギターのWoodの鳴りをよく反映し、クセのない良質なストラトらしいglassy&クリスピーなサウンドが得られる。オーバーワウンドな音でも、枯れた音※でもない。J-POPからハードロック迄、ジャンルを問わず対応できるサウンド傾向だと思う。(メタルには向かないかもw)
※、SQUIER Classic Vibe Stratocaster '50s に搭載されるアルニコ3を使ったピックアップの様な系統のサウンドではない。
・本家フェンダーと同じく、逆巻き/逆磁性になってるので、ハーフトーンではノイズがキャンセルされる。
・シールド処理は全くされていないのでノイズ耐性は期待できない。線材もシールド線ではなく古風なバラ線。(おそらくシールドするとハイ伸び・音ヌケが劣化するため敢えてシールドしていない模様)
・ベースプレート(おそらくトッププレートも)はプラスチックではなく、バルカンファイバー製※。そのため高強度プラスチック程のタフさは期待できないと思われる。
※、大昔のピックアップや、一部のハイエンド・ピックアップで使われている素材らしい。
・開封するとWAXの細かい破片が所どころに付着していた。ディマジオやダンカンと比べると品質管理は若干劣ると思う。
・付属しているピックアップカバーは中華製の安物と変わりのない品質レベル。カバーの底辺と、ベースプレートの間に2〜3mmの隙間がある。(実用上問題とはならないが、マトモなピックアップではカバー底辺とベースプレートは密着していて、ネジの締め付け力とバネの反発力を分散する様に配慮されている)

■オフィシャルサイトはこちら↓
http://www.priborapickups.com/product/voodoo-white/
こちらから購入可能。ただし、購入者保護※1や郵送品の追跡番号の連絡等※2についての記載が全くなく、海外購入初心者はここでの購入は避けるのが無難と思います。
また、Web記載内容も詳細に読み込んでゆくと記述があいまいな所が散見されますし、ショッピング・サイトとしてしての最低限の要件を満たしていないと思います。但し、販売価格が安いため、米国の購入者はこちらのサイトから購入しているケースが多い様です。
※1、私の場合、注文して11日で届きましたが、1ヵ月以上たっても到着しない等のトラブルの場合はpaypal側の購入者保護ルールにより返金リクエストができる。
※2、実際上はたいてい教えてくれる模様。

■購入方法
オフィシャルサイト(VooDooなら1セットで63ドル!※)で買う方法と、ebay経由で買う方法があります。
※、これを書いた時点の価格。ピックアップカバー付き、送料込みの価格。
なお、ebayは購入者保護ポリシーが明記されており、その分購入リスクは少ないと思います。(但し値段は高い)
いずれもpaypalを利用した支払いとなります。(その為通常のドル円レートより条件が悪い。1ドル当たりpaypalの手数料分=4円程割高)
ちなみに、ヤフオクに出品されている場合もある様です。
(ロシアからの輸送途中での紛失・破損リスクを考慮すると、財布に余裕があれば一番手堅い購入方法かもしれません。送料込みで1万円ちょい程度であれば非常に良心的な価格と思います)

■推測
 ロシアの人件費は安いため、現時点では、安価に手巻きピックアップを購入できますが… 製作元の規模は小さい様で、今後も良いサウンド品位をキープしたまま安価に安定供給され続けるかどうかは疑問です。
 安価に買えるこの機会に、ストラトに希少な手巻きピックアップを積んだサウンドを知っておく事は、のちのち大変貴重な経験となると思います。
 私が購入した頃に比べると、少なくともebayでの販売価格は高くなってきています。また、ピックアップの単品購入は現時点では出来なくなっている様です。
 本家のロシアサイトでの販売価格も、日によって変動がみられる様です。

■蛇足
 ちなみに、私のストラトにはフロントにDP188を、リアにノーブランドのアルニコ5のピックアップ(抵抗値約6KΩ)を積んでますが、フロントとセンターのMIXではハイラム・ブロック風の音が、センターとリアのMIXでは、より輪郭のはっきりした芯のある音が得られる様に改善が見られました。

画像


ではでは
2017年7月吉日
PS1 今時の安価なピックアップ
例えば廉価なAXLギターブランドのSROモデルに搭載されるシングルコイル・ピックアップ(EMGと共同開発)は、一流ブランド品に迫る良い音がします。コストをかけなくても、ちゃんとした設計さえされていれば、現在の製造技術を持ってすれば、ナイスな音が得られる良い事例かと思います。
VooDooについて言えば、価格帯を超越した絶品サウンドを誇るピックアップと言えると思います。(但し製品総体としてとらえると一流メーカー品のレベルには至ってはいない)
PS2 レビュー例
私はジャズ専のアマで、ストラト系よりもギブソン系のギターを多く弾いてきました。私のレビューよりもずっと確からしいと思われる、プロ?のレビュー(英語)のURLを下に参考に示します。
http://growingupasaguitarfreak.blogspot.jp/2016/02/behold-handwound-pickups.html
(FAT'50sと比較し、VooDooの分離やレスポンスが、どの様にスグレているのか詳細に書かれています)
PS3 サウンドサンプル
オフィシャル・サンプルのURLを下に参考に示します。
https://youtu.be/iCDJoQWbMD0
サウンドはピックアップ以外のギター本体・アンプ・録音環境そして奏者の腕に依存する部分が大変多いのですが、オーバーワウンドでは無い事のチェックにはなると思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

Alexander Pribora氏の手巻き VooDoo Pickup のレビュー  h/w kjc_guitar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる