kjc_guitar

アクセスカウンタ

zoom RSS Orange Squeezer MOD/Hammer Comp MODの自作レイアウト h/w

<<   作成日時 : 2014/07/08 21:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 とあるエフェクター自作本で紹介された Hammer Comp は、70年〜80年代にハヤったOrange Squeezer と非常に似た回路構成となっています。
 Orange Squeezerは厳密にはリミッター(コンプレッサーではなく)ですが、独特のコンプレッション感と音色を持ち、ハムバッキング・ピックアップと相性が良いと言われています。

 ちなみに、Bias(Seek)には、コンプレッサーとして使いやすいサウンドが得られる抵抗値(ピンポイント)があります。そのピンポイントを見つけるための調整用トリマーがBiasであるという点が他のコンプレッサーと異なる点かと思います。
 通常のコンプレッサーとは異なり、Orange Squeezer(Hammer Comp)では、Bias(Seek)を回すとコンプレッション感が単純に増すという訳ではないのです。
 なお、Hammer Comp では、Bias(Seek)ノブを絞るとクリーン・ブースターとして使える事を提案している点が興味深いです。

 今回は、ミニサイズのケース(1590A)に収納できる基板レイアウトを考えてみました。
↓早速ですがレイアウトはこちらです。(2回ゆっくりクリックすると図が大きくなります)

画像


画像























 ↑こちらにパーツリストを示します。(2回ゆっくりクリックするとリストが大きく表示されます)
 今回は、Orange Squeezerの音を再現するバージョンのパーツリストと、ブティックペダル風に Hammer Comp を製作する場合の2種類のパーツリストを用意してみました。

 パーツリスト中の部品は、調達性のよい国産ものをメインに選定しました。実際の所 Orange Squeezer も日本製バージョンでは2sk30が使用されていました。
 2sk30の場所には、もちろんオリジナルのパーツである 2N5457 を適用しても問題ありません。但し、2sk30と2N5457ではS,G,Dの足のアサイメントが異なるので気を付ける必要があります。

 なお、C8の100uFの電解コンデンサは電源安定化及びノイズ低減用ですので、理想的には低ESR(かつ低ESL)の電解コンデンサを適用すると効果的です。
 但し、基盤の見栄えの美しさ?を考え、低ESLでかつ入手性の良いFine Goldコンデンサを適用してみましたw
 しかし、最近の電源アダプターは安定性が良く、ノイズレベルも低いため、ここのコンデンサを省略しても実際のところは問題はありません。
 ちなみに、最近、私は電源アダプタとして CUSTOM AUDIO JAPAN の PB12DC9-2.1 を愛用していますが、一昔前のBOSSのPSA-100と比較すると小型軽量な上に、飛躍的に各種性能が改善されており大変便利です。
 1590Aサイズのケースに入れるために、基盤実装時の部品サイズを考慮すると、C8はニチコンのチップ電解コンデンサ(足がもろく折れやすいので要注意)のプラスチックの底板を外したものを使っても良いと思います。
↓これは、愛用しているチップコンデンサの写真です。
画像
 サイズは直径、高さともに5〜10mmで、足のピッチも2.5mmなので非常に使いやすいです。但し許容電圧が16Vですので、昇圧派の方にはお勧めいたしかねます。なお、このニチコン製のシリーズのチップ電解コンデンサでは低ESRのモノも販売されています。
 もしくは、安価な小型の電解コンデンサ(メーカーはどこでもOK)を使用しても実際の所問題はありません。
 ちなみに、9V電池のみで使用される Orange Squeezer の実機にはC8は存在しません。

 最後に、D2 は逆電圧から回路を保護するために追加したもので、こちらも実機には存在しません。ですので、絶対に逆電圧をかける事がない自信がある方は、D2のダイオードを省略しても無論OKですw

【トリビア1】
 ちなみに2SK30のS(Source)とD(Drain)は互換可能です。すなわち、方向を間違えて逆ザシしたとしても、問題なくコンプレッサーとして機能します。同様に2N5457でもSとDの足の取り付け方を逆にしても問題ありません。

【トリビア2】
 5532はハイインピーダンス入力には対応していません。
 (5532の入力インピーダンスは100kΩ〜300kΩ、ちなみに4558だと1MΩより大きい…)
 そのため、基本的には、5532を使用する場合は、前段にバッファアンプを置きます。
 また、5532は、そのままボルテージフォロアに使う事はできず、入力側に1kΩの抵抗をかませないと、壊れる可能性があります。
 でも、実際の所Hammer Compでは、バッファアンプなしで、ギターの入力(ハイインピーダンス)を直接入れてもイイ感じの音がしてます。
 エフェクター(Hammer Comp)は、オーディオ機器ではないので、まぁ動けばOKって事なのでしょうw
 バッファ無しTS系のオーバードライブ等に5532を使っている事例もWebでは散見されます。これも、本来は不適切な5532の使い方なのですが… まぁ、細かい事を気にする事のはやめときましょうw
 ちなみに、5532より更にハイファイ&ローノイズな2114ってICがあるので、試してみると面白いかもです。
 (2114は、5532と同様にハイインピーダンスに対応しておらず、ボルテージフォロアで使用する際にも5532と同じ制約があります)


ではでは

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

Orange Squeezer MOD/Hammer Comp MODの自作レイアウト h/w kjc_guitar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる