kjc_guitar

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀のジャギ関連ベスト作品 s/w

<<   作成日時 : 2013/12/12 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

調子に乗って、21st centuries' ベストもご紹介します。

♪ベスト
Mick Goodrick Muthpiel - Live At The Jazz Standard (2010)
 バップナンバーのAll the thingsをモチーフ に、誰も到達した事のない深みを、 瑞々しく表現。

Bryan Baker - Aphotic(2005)
 圧倒的な重厚感。
 絶望的な程のダークネ ス。
 ソニー・シャーロックのAsk the age に通じる?が… 曖昧さを排除したハイパーテクニックは比類がなく◎

Wayne Krantz - Blues Alley Tokyo, Japan 19-Feb-2005 1st Stage
 Greenwich Meanで提示したコンセプトをライブで実現。
 ストラト・サウンドの魅力を再認識させた点も◎
 現在は、ジャズを超えた彼岸?にいる が”わかる人だけがわかれば良い”という姿勢は、真にアートを追求するが故であり、好感度大。
 コマーシャル・アートを生み出し続ける P.M.とは対局の存在。

♪次点
Adam Rogers - in "Follow the Red Line(2007)by Chris Potter"
 Adam Rogersの真骨頂は、端正でハイパーテクニックな正調ジャス世界と、ロスト・トライブ仕込みのM−Base由来 のアンギュラーな音楽世界とを自由に行き来できる所。
 その持てる演奏能力の全てを、初めて衆人の耳目に晒した点が本盤の肝。

Julian Lage - in "Voyager: Live By Night (2010) by Eric Harland"
 自己名義盤(1st)でのチャレンジも素晴らしいが、普通のコンテンポラ リー・フォーマットでの演奏も抜群に巧い。

Kurt Rosenwinkel 関連諸作
 相変わらず健在&クリエイティブ。ごく最近、East Coast Love Affair がライブ盤である事に気づき、改めてjaw-dropping!

おそまつ
Live at the Jazz Standard
Imports
2010-04-13
Wolfgang Muthspiel

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live at the Jazz Standard の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

21世紀のジャギ関連ベスト作品 s/w kjc_guitar/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる